RSS Feed

ハローワークと転職・求人サイト(リクルート等)比較

0

ハローワークとは

ハローワークとは公共の職業紹介安定所のことです。各地域に存在しています。手早く求人情報を得たいという人にお勧めの場所です。誰でも自由に訪れることができるので、いろいいろな人が毎日のように訪れています。

また、失業保険を受給する時の手続きもハローワークで行うことになっています。会社を退職して一時的に失業しているという人は、次の職が見つかるまでの一定期間、失業保険を受給することができます。生活の足しになるので、この手続きは必ず行っておくべきです。運良くすぐに良い求人を見つけることができれば、失業保険を受給することなく、職に就くこともできます。

このように、ハローワークではいろいろな手続きを行うことができます。そのため、常に混雑しているというところもあります。ある程度は混雑を覚悟の上で訪れるようにするといいかもしれません。登録すると求人情報を専用の端末を使って探すことができます。ハローワークは信頼できる求人情報となっているところが安心できます。

転職・求人サイトとは

転職・求人サイトは大きく、民間と公共(ハローワーク)に分けられます。民間の場合、看護師・薬剤師など職種によっては、特化されたサイトもあります。あらかじめ、自分のキャリアを登録することでスカウトが受けられる制度、職業紹介を経営している運営会社からの支度金制度などがあります。非公開の有利な情報をもっていることもあります。首都圏、関西圏はかなり充実していますが、地区によって有利・不利の差はかなり大きいです。

ハローワークの求人の場合は、あらゆる職種を扱います。ハローワークインターネットサービスは全国のハローワークともつながっており、幅広く情報が集められるのが特徴です。ハローワークで求職登録をしていなくても、だれでもみることができます。民間のサイトとくらべると中小企業が中心ですが、取扱い件数はかなり多いです。

求人情報を民間サイトに公開しているけれども、ハローワークでは公開していない場合、またその逆もあります。民間の良さ、公共の良さを考え、バランスよく活用していくことが大切です。

求人情報を探すには

求人情報を探すにはいくつかの方法があります。新聞広告、折り込みチラシ、タウン誌、インターネットの民間の紹介サイト、ハローワークなどです。この中で、直接相談員の方と会って、話ができるという点からするとおすすめはハローワークです。

直接ハローワークに行くことに抵抗があるようなら、まずは、ハローワークインターネットサービスを見てみるといいと思います。このサイトはハローワークに求職登録をしていなくても利用することが可能です。民間の紹介サイトの場合、ある程度のキャリアがないと正社員の求人は少ないですが、それと比較するとハローワークの求人のほうが正社員が多いかもしれません。また、地元の中小企業の求人を多く扱っているのも特徴です。

いずれにせよ、求人情報を多く集めることが大切です。自分にとって簡単な方法だけで求人がないと嘆くのではなく、アンテナを広げ、あらゆるチャンスをものにするつもりで、取り組むことが大切です。

0 comments »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハローワークと転職・求人サイト比較

役立つ転職NEWS